Written by Toshiki

コーディングの独学で買って良かった本4選

Web制作 プログラミング

こんにちは、トシキです。
今回はコーディングの独学で買って良かった本4選を紹介します。

「サイト制作に必要な基礎知識がHTML/CSSなのはわかったけど、どの本がオススメ?」
「サイトでよく見るあの動きの実装ってどうやるんだろ?」

このような疑問に答えます。
学習時のみならず、制作会社に勤めてからも重宝している本もあるので是非参考にしてみてください。
(今回はコーディング学習を始めたばかりの初心者を対象にしているため、HTML/CSS/jQueryに焦点を絞って紹介しています)

本記事の内容

スポンサードサーチ

初心者がHTMLやCSSを最初に学ぶならオススメの本

初心者がHTMLやCSSを最初に学ぶならオススメの本

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

タイトル 1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座
出版社 SBクリエイティブ
発売日 2019/3/16
著者 Mana(まな)
価格 単行本 ¥2,486

架空のカフェサイトを作りながらHTMLとCSSの基礎が学べる入門書です。
前半パートではWebサイトの基礎知識や制作の流れ、HTML/CSSの基本を学び、後半では実際に手を動かしながらサイトを作っていきます。
HTML/CSSなどが収録されたサンプルファイルをダウンロードできるので、「見ながらコードを書いたけどなんか思った通りに表示されない(泣)」って時は確認してみましょう。(まぁこういう時は大体はスペルミスだったりします)
また著者のManaさんは、「Webクリエイターボックス」というブログでデザインやコーディングに関する発信をしているので、情報収集で目を通すのもオススメです。

ほんの一手間で劇的に変わるHTML & CSSとWebデザイン実践講座

ほんの一手間で劇的に変わるHTML & CSSとWebデザイン実践講座

タイトル ほんの一手間で劇的に変わるHTML & CSSとWebデザイン実践講座
出版社 SBクリエイティブ
発売日 2021/2/20
著者 Mana(まな)
価格 単行本 ¥2,728
Kindle版 ¥2,728

こちらもManaさんの書籍です。
本書では5つのWebサイトをピックアップして、それぞれに使われている技術がどのように実装されているのか分かりやすく解説しています。
(ランディングページ、ブログサイト、コーポレートサイト、イベントサイト、ギャラリーサイトの5つが掲載)
主にCSSでの表現に重きを置いた内容になっていますが、他にもJavaScriptライブラリを使った実装やEmmet(エメット)、Sass(サス)なども紹介されています。
最初に紹介した入門講座で基礎学習を終えてから読むと、理解しやすく表現できる幅が広がります。

実践の場ですぐに使えるオススメの本

実践の場ですぐに使えるオススメの本

CSS設計完全ガイド ~詳細解説+実践的モジュール集

CSS設計完全ガイド ~詳細解説+実践的モジュール集

タイトル CSS設計完全ガイド ~詳細解説+実践的モジュール集
出版社 技術評論社
発売日 2020/2/27
著者 半田惇志(はんだ あつし)
価格 単行本 ¥3,608
Kindle版 ¥3,428

CSSの設計手法についてまとめられている書籍です。
スタイリングの書き方やクラスの命名をしっかり考慮しないと、後々の改修や更新時に非常に困ります。(複数のページがある場合は尚更)
意図した通りのスタイルが適用されない(もしくは意図しない所にスタイルが適用)したり、影響範囲がわからないクラス名が付いている場合は、代わりに別のクラス名を追加して無理やりスタイリングを上書きする手間など。
本書ではCSSの歴史から始まり、破綻しづらいCSS設計の手法(予測、再利用、保守、拡張)を意識した考え方やポイントを深掘りしています。
中盤ではよく使われるレイアウトやパーツを、BEMとPRECSSの2つを見比べながら解説されています。
私はPRECSSはまだ完璧に使いこなせていませんが、実案件では少しづつ取り入れさせていただいてます。

動くWebデザインアイディア帳

動くWebデザインアイディア帳

タイトル 動くWebデザイン アイディア帳
出版社 ソシム
発売日 2021/2/26
著者 久保田涼子(くぼた りょうこ)
杉山彰啓(すぎやま あきひろ)
価格 単行本 ¥3,080
Kindle版 ¥2,800

サイトでよく見る動きのサンプルが収録されている書籍です。
2つ前に紹介した「ほんの一手間で劇的に変わるHTML & CSSとWebデザイン実践講座」と同様に、参考サイトに使われている技術の実装の仕方を解説しています。
ただ前者と違ってjQueryの使用が前提ですが(CSSのみの実装もあり)、基本の解説が載っているのでjQueryが初めての方でも取っ付き易い内容になっています。
またひとつの要素に対して様々なバリエーションが用意されているので、「え、こんな動きもできるの!?」って発見もあり読んでいて面白いです。
ハンバーガーメニューだけでも9つの動きのパターンが用意されていました。
コピペで試した後はカスタマイズして、自身のポートフォリオサイトなどに実装してはいかがでしょう?
ちなみにこちらも実案件で使わせていただいてます。

終わりに

終わりに

今回はコーディングの独学で買って良かった本4選を紹介しました。
「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」で基本を学ぶ。
「ほんの一手間で劇的に変わるHTML & CSSとWebデザイン実践講座」と、
「動くWebデザインアイディア帳」で実装できるバリエーションを増やす。
「CSS設計完全ガイド ~詳細解説+実践的モジュール集」では、管理しやすいマークアップとスタイリングを身に付けるといったところです。
この先、また紹介したい本が出てきたら5選6選と増えていくかもしれません。

いきなり本から入らなくてもオッケー

これからコーディング学習しようとしている人に伝えたいのは、いきなり本を買う前にまずは無料の学習サイトをやってみることをオススメします。
そこで少しでも面白いと感じたのであれば自分に合っているかもしれないので、それから買っても遅くはないです。
以下2つの学習サイトはかつて私もお世話になりましたので、本を買う前に一度触ってみることをオススメします↓

Progate

ドットインストール

※先ほど無料の学習サイトと書きましたが、最後まで学習を進めていく場合は両方共途中から有料会員になる必要があります。

この記事を通して、書籍選びに迷っている初心者の方への参考になればと思います。

人気記事忍者CODEさんのコーディング案件に挑戦してみた

人気記事WordPressのトップにHTMLページを表示させる方法